求人サイトメーカーの求人サイトは構築するだけでWEB集客に成功!

求人サイト構築なら

求人サイトメーカーで決まり!

SEO専門会社だからできる

WEB集客の決定版!

Google for jobs

(Googleお仕事検索)に表示

indeedの
自然検索に表示

SEO対策済みの
内部構築

AI搭載可能

(レコメンド機能・
マッチングシステム)

広告求人

ご相談はこちら

特徴

求人メーカーの求人サイトは

構築するだけでWEB集客成功!

Google for jobs(Googleお仕事検索)に表示

Google
for jobs(Googleお仕事検索)に
表示

indeedの
自然検索
に表示

※表示率はindeedの仕様によりますので
必ず全ての案件が表示されるというわけ
ではありません。

indeedの自然検索に表示
SEOキーワード最適化の求人サイト

SEOキーワード
最適化の
求人サイト

下矢印

機能一覧

フロントページ

オリジナルデザインのロゴとTOP画像
作成可能です

会員登録機能

求人検索ユーザーがすぐに仕事が見つけやすく
新着求人を
ファーストビュー内に配置

地図によるエリア検索導線

コーディネーターによる
求人おすすめ導線

求人検索機能

最新Ajax技術を用いた求人案件は案件数と求人案件の即時表示が可能です。

機能一覧

管理画面

管理画面

面接予定一覧

面接の予定日をカレンダーでチェックできます。

求人管理

求人一覧画面、求人登録画面、求人のゴミ箱機能があります。
手打ちで1件1件求人を入力することもできますし、CSVで求人をアップロードすることもできます。

応募者管理

応募者管理のページでは、応募者の一覧が閲覧できます。登録会員一覧表示もできます。
応募者のCSVダウンロードもできます。

ダッシュボード

ダッシュボードが管理画面の中にあります。

クイックメニュー

管理者がよく使うメニューを登録できます。

コンタクト管理

問い合わせ一覧とメール一覧が閲覧できます。

運用者用設定メニュー

管理者の設定ができます。
管理者タイプを分け権限を付与します。
マスター設定では、検索条件の設定ができます。
メール設定では、通知メールテンプレート、送信設定ができます。

ご相談はこちら

実績

医師アルバイトサイト

医師求人サイト

薬剤師求人サイト

歯科衛生士求人サイト

看護師求人サイト

介護職求人サイト

料金

デザインカスタマイズコース

カスタマイズコースでは、運営者様の、管理画面を除く全てのページに関して、プロのデザイナーが御社用の完全オリジナルのデザインに仕上げます。

月額30,000円

400,000円/導入費用

デザイン&システムカスタマイズコース

デザイン&システムカスタマイズコースでは、オリジナルデザインに加え、自由に検索導線を増やしたり、管理画面機能を増やしたり、システムもカスタマイズできます。

月額30,000円

700,000円/導入費用

大規模求人サイト制作コース

大規模メディアを持ちたい場合、クラウドサーバーによる負荷分散とロードバランサーで大規模アクセスでも対応可能なサイトを構築することができます。
予算は数千万円以上です。

月額50,000円

※クラウドサーバー使用

3,500,000円~/導入費用

※要見積もり

AI実装 求人サイト制作コース

AI(人工知能)によるレコメンド機能とマッチングシステムを搭載した求人サイトです。

月額50,000円

※クラウドサーバー使用

5 ,000,000円~/導入費用

※要見積もり

求人サイト採用までの自動化

求人情報

病院、他社媒体
からの求人情報

RPAにより
自動送信され情報が
共有されます。

RPAにより
自動送信され情報が
共有されます。

WEB集客成功の求人サイト構築のお申し込みはこちら

SEO,Google for jobs表示
indeedに掲載される求人サイトは求人メーカーで決まり!

下記にあてはまる方お申し込み待ってます!

  • 独自の求人サイトを作りたい方
  • 求職者を効率よく集めたい方
  • 派遣会社、紹介会社、人材ビジネスの方
企業名 ※必須
ご担当者氏名 ※必須
ご住所 ※必須
電話番号 ※必須
応募受信メールアドレス ※必須
メールアドレスの入力ミスにご注意ください。パソコンの場合、「迷惑メールフォルダ」などに自動で振り分けられてしまう場合がございますのでご注意ください。携帯で迷惑メールを設定している場合、弊社からのメールが届きませんので@admano.jpのドメインのドメインからの受信許可設定をして頂けますようお願い致します。
ご要望

Q&A

  • Q. 求人サイトをもちたいのだけれども初めてで、何が必要かがわかりません。求人サイトを運用するにあたり、具体的に何が必要でしょうか?

    A. 求人案件サイトを運用するのであれば、なによりも先に求人案件の収集が不可欠となるでしょう。サイト制作後に、求人案件をアップしていかなければなりません。求人案件を掲載してくれる企業に「営業」をかける必要もあるかもしれません。現在では、求人案件を集めるために、テレアポ営業をアウトソーシングしている企業も多く存在しています。また、求人を行っている企業を集めるために広告を出すこともひとつの方法としてあります。求人案件が集まってきたら、その案件を求人サイトの管理画面からアップロードします。管理画面では、求職者からのエントリー対応やスカウトメールを送ってみたり運用にあたってやることは沢山あります。求人サイトの運用以外にも請求書の発行と郵送の業務が月1で発生します。そのほかに、あらゆる求人サイトでとても重要になってくるのが特定のコンテンツの追加です。例えば、特集記事を組んだコンテンツや、企業インタビューのコンテンツなど、サイトの特色を出していくことで、他社との差別化を計ることもできるようになります。コンテンツを充実させることで、サイトがより動的だとPRすることができ、SEO的にも高評価です。さらにはユーザーの滞在時間も伸びるので、Googleなどから高評価を得られる可能性がありますのでサイト運用には欠かせない作業となります。

  • Q. サーバーについて全く分かりません。何を選べばよいのでしょうか?

    A. ある大企業様の場合、自社サーバーや金額の高いクラウドサーバーを選ぶことが多いようですが、そうでなければ一般的なレンタルサーバーを選ぶ人がほとんどです。運用初期には一般的なレンタルサーバーでの運用を行い、そこから徐々に適正なサーバーへと切り替えていくことがあまり負担なく求人サイトを運営できる方法です。サーバーを選ぶにあたって重要なことは「基本的なスペックが充実している」ことです。容量やマルチドメインへの対応、スパムフィルター、アンチウィルス、サブドメイン、メールアドレスの無制限作成、その他データベースのプログラム対応などです。最低限求人サイトを運用するのに必要な条件を満たしているか確認しましょう。弊社の担当者が細かくご説明いたします。次に「しっかりとしたサポートやバックアップ体制が整っている」ことも重要です。サーバー側でトラブル時の対応が遅かったり、問い合わせ内容に対する返事が1日以上かかったりするとサイトを閲覧できなくなるなど、トラブルとなります。サポートが万全でないとそれだけで損失を増やすことにもなりかねません。そのため、サポート面を必ずチェックしましょう。また顧客情報を扱うのでセキュリティの部分と安全性にもこだわりましょう。しっかりバックアップ体制が整っているサーバー会社を選ぶことが大切です。

  • Q. サイトにかかる費用はどれくらいでしょうか?

    A.サイトメーカーでは、3タイプのコースをご用意しています。まず、予算をどうしても抑えたいがなんとしても求人サイトを持ちたいお客様は、テンプレートコースがあります。導入費用は45万円です。テンプレートコースといってもトップ画像や色など決められたレイアウト内で変更が可能です。求人管理画面と必要な導線も確保した本格的な求人サイトが持てます。運用費用は月額3万円です。完全なオリジナルデザインをご希望の方は、その上のデザインカスタマイズコースがあります。85万円の導入費用で完全オリジナルの求人サイトが作れます。さらに、サイトに独自の導線や求人管理画面も独自の機能を追加したい場合は、125万円コースで可能です。それ以上に大規模サイトを作りたい方は、数千万円から可能ですのでお見積もりいたします。

  • Q. サイト制作の納期はどれくらいですか?

    A. サイトを発注してから、アップまで、テンプレートコースでは1か月程度で可能です。デザインが決まれば画像を差し替えていくだけですので、デザイン次第です。大規模求人サイトの場合は数か月から1年かかる場合もあります。オリジナルカスタマイズの場合も数か月かかります。ケースバイケースです。

  • Q. 複数のサイトを同時に発注・構築しても大丈夫ですか?

    A. 大丈夫です。よくあるパターンは、職種に特化した求人サイトですが、姉妹サイトでブランディングしていくパターンです。その場合、サーバーを分けてお互い相互リンクするとSEO的にもいいです。しかし、全てを一つにまとめた大規模サイトを作る方法がSEOでは強いです。ページ数がSEOではモノを言います。ニッチなワードやエリアに特化したり複合ワードで上位表示するなら大規模でなくて、特化型の求人サイトでも問題なく上位表示が可能です。ケースバイケースでご提案いたします。小規模求人サイトが大手求人案件サイトと肩を並べるには、エリアや分野を絞り込まずに運用していくと難しいかもしれません。逆を言えば、エリアや分野に関しては絞り込んだ方が他社とも戦いやすくなるということです。そもそもエリアや分野を絞らないと、それだけ求人案件が多く必要になってきますし、そうすると営業エリアを広げなければいけないので、営業活動費がかなり膨らんでしまいます。それらを踏まえると、やはりエリアを絞り込むことでその地域に根付いたサイトとして差別化ができ、求人案件が特化されやすくなります。しかし、SEO的にはページ数が多いほうがいいというジレンマもあります。エリアや分野を絞り込むときに、一体どのくらいの対象企業が求人を掲載しているのかを把握しておくとよいでしょう。大手の求人案件サイトなどでエリアや分野を絞り込むことで、その対象となる企業の数が著しく低下する場合は、その絞り込み方を見直す方がよいと考えられます。

  • Q. スマートフォン対応していますか?

    A. スマートフォンや各タブレット対応のサイトレイアウトとなっています。レスポンシブWEBデザインでのサイト構築ですので、問題ありません。最近では、Google検索もモバイルファーストといってモバイルを重要視しています。モバイルファーストとは、スマホからサイトを閲覧しているユーザーのことを最優先にしてサイトを作ろうとする考え方です。パソコンよりもスマホからサイト見ているユーザーが多い現在では、このモバイルファーストと呼ばれる考え方が非常に重要となってきています。モバイルユーザーを優先したウェブサイトの構成にするため、パソコンよりも先にスマホサイトを制作し、項目も進めていくやり方自体が、モバイルユーザーを優先的に考えているのであれば、それもモバイルファーストと言ってもよいのではないでしょうか。スマホ向けのデザインを考えて、それをパソコン用にも反映させるやり方で行われるが多いですが、パソコンでサイトを見るユーザーのことも考えておきたいところ。スマホ向けのデザインを優先的に考えつつ、パソコン版でも使いやすいようにデザインし、どのユーザーが使ってもサイトを見やすく、分かりやすい環境を作ることが求められるでしょう。

  • Q. 他社で発注した求人サイトをリニューアルすることは可能でしょうか?

    A. はい、可能です。大体のサイトはリニューアルが出来ます。既存サイトに対するヒアリングや、そのサイトの機能を確認して、お見積りを出させていただきます。ただし、リニューアルを行うための事項は多いのに、それに対する予算が見合っていない場合はリニューアルが難しくなることがあります。その場合は、予算に合わせたいくつかの代替案を出させていただくことで、リニューアルをすることも可能となります。求人サイトをリニューアルしたい方は、ぜひ一度お問い合わせください。

  • Q. 求人案件を作成、掲載するときの注意点は何かありますか?

    A. まず一番に注意する必要があるのは、求人案件を掲載する際に性別を指定した表現をすることです。募集をかける際に、男女差別を行うことは「男女雇用機会均等法」で禁止されています。「男女雇用機会均等法」によって禁止されているものは『男女どちらかを、募集対象からはずすこと』、『男女どちらかの、募集条件・選考基準を変えること』、『男女どちらかの、採用を優先的におこなうこと』、『男女どちらかの、求人案件の提供内容を変えること』です。また、求人案件に記載する際、年齢を制限する表現をするのも禁止されています。例えば、「25~30歳」といった表現は出来ないのです。これは、「雇用対策法」により定められており、基本的には「年齢不問」にしなければならないのです。これは民間事業や求人広告を利用する場合も同じことが言えます。雇用形態に関係なく、年齢を定めることは禁止です。例外として、危険有害業務や警備業務の場合は、18歳以上であることが定められているので、「18歳以上」と記載することは可能です。ただし、上限の指定は不可となりますので、注意が必要です。もうひとつ注意をしなければならないのは、応募者を限定するような表現は出来ないという点です。応募者の外見や、資格、必要経験年数、本人の自由にできない事柄(本籍、出生地、国籍など)、本人の自由である事柄(宗教、支持政党、購読新聞など)で募集に制限をかけることはできません。また、給料の金額が最低賃金を下回っていないかをチェックする必要があります。さらに、他社の内容や画像をコピーして使用していないかをチェックすることも大切です。

  • Q. 求人サイトを運営するにあたって、サイトのコンテンツは求人案件以外に何を入れるとよいでしょうか?

    A. 当たり前ですが求人サイトであれば、まずは求人案件をたくさんアップしましょう。ではそれ以外にはどのようなコンテンツを入れ込めばよいでしょうか。ひとつは、検索キーワードと関連している読み応えのあるコンテンツをページ内に数多く設置してあげることが大切になってくるでしょう。読み応えのないコンテンツだと、ユーザーがすぐにブラウザのもボタンを押して、検索結果へ帰ってしまう。そうなると、見るに値しないコンテンツとみなされてしまいます。なので、読み応えのある関連コンテンツをより多く設置し、ユーザーがサイト内により多く滞在してくれるようにします。そうすることで、滞在時間の低いサイトよりも良い評価を得ることが出来、その結果上位表示がされる可能性が増すのです。求人サイトの場合は、分野や地域に特化するケースが多いのですが、分野に特化する場合は、その分野に関して調べて、コンテンツを作成しましょう。例えば、看護師の求人案件であれば、看護の資格の情報をライバルサイトと比較することで、より読み応えのあるコンテンツを作成してみたり、病院での現場インタビュー記事を特集したり、実際に仕事をする際の出勤から退勤までの一日の動きなどの特集ページを作ったりなどいろいろコンテンツを増やす方法はあります。とくに禁止されているやり方などもないので、どんどんコンテンツを充実させていくとよりよいサイト作りができるのではないでしょうか。

  • Q. 求人案件は多ければ多いほど、応募は増えるのでしょうか?

    A. 求人案件が多いに越したことはありません。多くの求人案件があれば、それだけページ数が増えてSEO的にも有利となります。基本的な内部SEO施策がされているかどうかで、順位に影響があります。このSEO施策がされていないと、いくら求人案件をたくさんアップしても上位表示しないのでアクセス数が伸び悩んだり、反響数も思った成果は得られません。そこでまずは求職者の流入経路を考えていきましょう。例えば、関東に特化した求人サイトを出しているとします。それでも、求職者が求人検索をかける際に「関東 求人」といったエリアを広くとった言葉で検索をする人は少ないと思います。東京都内で求人を探しているのであれば、「千代田区 求人」などエリアをもう少し絞った形で検索する人の方が多いでしょう。つまり、トップページのSEO施策に力を入れるよりも、関東にある「すべての市区名 求人」のキーワードを強化できるような下層ページのSEOをより強くする方法もあります。また、現在はサイト全体の専門性・ページの専門性の高さがより評価されるようになっているため、より少ないキーワードをターゲットに、そのターゲットに関連した情報を深く取り扱っているページがSEOには有利に働くようになっていると言われています。ページをある程度増やしたら、今度はコンテンツの強化もしていくとより応募数を獲得できる可能性が増します。SEO対策のご相談は、東京SEOメーカーまで。